『だから私は推しました』キャストとあらすじを紹介!!

NHK夜ドラマは地下アイドル × 女オタク。2019年7月27日(土)11時30分から11時59分より全8回で放送です。主人公の愛は、女同士のマウンティングやSNS映えでいいねの数で一喜一憂する競争の中で疲れ切っているアラサーOLです。

そんな愛が、地下アイドルと出会い、はまりまくったOLを数奇な運命が待ち構えています。自ら愛したものに突き進むヒロインの転落と成長を、地下のディープな世界の中で描いていきます。

 

『だから私は推しました』 あらすじ

 

主人公・愛は、現在ならではのSNS映え競争の中、見栄やマウンティングに疲弊していました。そんな時、ひょんなことから地下アイドルのライブに行くことになり、地味で下手なくせに不器用ながらも、笑顔を振りまいているアイドル・ハナを目撃する。何故かそんなハナの懸命さに心打たれ、推すようにはまっていきます・・・。だが、それこそが「オタク沼」の始まりで、ハマればハマるほど狂い始めるお互いの関係は崩れていきます・・・。

 

『だから私は推しました』」の出演者 役どころ

 

遠藤愛:(桜井ユキ)…キラキラOKよりオタクに一気に変更し地下アイドルにドはまりしていきます。果たして推しとの出会いは吉だったのか凶だったのか、愛の運命やいかに?

 

栗本ハナ(白石聖)・・あまり売れていない地下アイドル。愛がどはまりするアイドル。

 

小豆沢大夢(細田善彦):

アイドルオタクのリーダー

 

原花梨(松田るか)・・地下アイドルリーダー

聖護院実(澤部佑)・・刑事

【脚本 森下佳子さん コメント】

「JIN-仁-」、「天皇の料理番」、「義母と娘のブルース」(TBS)など話題作を多数執筆した大人気脚本家の森下さん。

「若い人の若い人たちによる若い人たちのためのドラマを!」そんなとこを目標に頑張りたいというこの『よるドラ』枠。

正直、「そんなところにこんなおばはんが……」となかなか戸惑ったこのお誘い。しかしながら、「地下アイドル」と「女オタ」「自己承認欲求」というモチーフはいかにも今っぽく、その奥に横たわる「青春」というテーマはすこぶる普遍的。

今作のヒロインは人からの「いいね!」ばかりを気にして生きてきた少々頭が窮屈な女の子。そんな彼女が伸び代だけの地下アイドルと出会い、生まれて初めて人を「推す」。たったそれだけのことで、スカスカだった日々はガンガンに密度を増し、窮屈だった頭はどんどん自由になって行く。そして、その日々の行き着く先は……?

笑いと涙、そして愛すべきオタクたちに彩られた2人の青春を見守ってくださると嬉しいです。

 

まとめ

 

今回は、だから私は推しました、キャストやあらすじについてまとめてみました。キラキラ女子を演じることにつかれたアラサーの女性が真逆の女性アイドルにはまる役をコミカルに描いています。そこからさまざまな数奇の運命をたどる毎回見逃せない展開になっています。脚本家も実力派の森下佳子さん作品なので必見です。エキストラも募集しているみたいなので、興味のある方は、是非参加してみてくださいね。