「私たちはどうかしている」 原作・あらすじ・キャストは?

2020年春ドラマ 20年7月より22時日本テレビで「私たちはどうかしている」の放送が決定しました。

安藤なつみの作品で、浜辺美波と横浜流星のW主演でドラマ化。15年前に起きた事件の容疑者の娘・七桜と被害者の息子・椿、2人はお互いに初恋の相手だったのに憎みあったまま離れ離れになるサスペンスラブドラマです。講談社『BE・LOVE』で現在も連載中の大人気コミックです。

 

演出は話題作をいくつも手掛けているスタッフなので面白い事間違いなしです。

小室直子『3年A組-今から皆さんは、人質です-』『東京タラレバ娘』など

猪股隆一『家政婦のミタ』『家売るオンナ』など

 

「私たちはどうかしている」 【登場人物とあらすじ】

 

15年前老舗和菓子屋で光月庵で起きた殺人事件から物語は始まります。椿(横浜流星)の父である若旦那が殺され、七桜(浜辺美波)の母が容疑者として捕まります。

そのことにより幼馴染であった椿と七桜はお互い恨みあう存在になり疎遠になります。

 

15年後七桜は若き和菓子職人に、椿は跡取り息子になって再会を果たします。椿は七桜が幼馴染と気づかずプロポーズ。七桜は椿と認識してあえて結婚をします。そして自分の母に着せられた無実の罪を晴らすため老舗和菓子屋の門をたたきます。

 

そこでは一筋縄ではいかない、椿の母親は七桜の正体を知って追い出すため嫌がらせをする。壮絶ないじめなどに合いながらも真実を負う七桜。真実は誰が犯人なのか?

 

紆余曲折ありお互いを好きになりつつある七桜と椿。結婚式を控えるなか、七桜は妊娠と自分の正体を椿に明かそうと決意する。そんな矢先、元母の部屋に隠し扉を発見、死んだ椿の父親(光月庵の旦那様)は七桜の母親は恋人関係で、七桜の実の父親だという衝撃の事実を知ります!!

一瞬実の兄妹で結婚?と思いつつも真実が明らかに。

女将は椿が不貞の子だと判明し、真実がばれたので大旦那様(椿のおじいさん)ともみ合いのすえ気絶させると、母屋に火をつけて逃げます。

七桜は15年前に現場で女将を見たことを思い出し、問い詰め、女将は母親を殺した犯人だと判明!!七桜も正体を打ち明けると後ろに椿がいて聞かれていた・・・。

過去の事件の犯人が分かったところで火事になり、七桜は椿とは離れ離れになり子供を流産。煙の中で倒れた椿を助けたのは椿の元婚約者の栞でした。

 

3年後七桜は椿の元を離れ、修行に明け暮れます。七桜は母親の仇をとるため光月庵を乗っとろうと大旦那に自分が正当な後継者と言います。そして和菓子の腕で勝負をしようと戦いを仕掛け椿に冷たくあたります。

また、おかみに椿の子供を妊娠したと栞が言います。果たして七桜を選ぶのか。

犯人である女将はどうなるのか?原作ではまだ結果が出てません。

 

 

七桜 -浜辺美波

修業中の和菓子職人。

和菓子職人だった母親の才能を受け継いでおり、人の心を掴む、斬新で思いやりのある御菓子を作ります。

15年前に、殺人容疑をかけられたまま亡くなった母からの手紙を受け取り、無実を証明すると心に決めます。

幼なじみの椿の証言で母が逮捕されたため、椿を憎んでいる。再会した椿からのプロポーズを受け、正体を隠したまま光月庵に乗り込むが…!?

まっすぐで、どんな逆境にもめげない芯の強さを持ちます。

和菓子愛が強すぎて、周りが戸惑うほど熱く語るなど和菓子バカの一面もあります、

 

椿 – 横浜流星

老舗和菓子屋・光月庵の跡取り息子。

創業400年を超える歴史をもつ光月庵を継ぎ、より愛される店にすることを志します。

親が決めた結婚を破談にすべく、和菓子対決で出会った七桜に、その日のうちにプロポーズをします。

七桜が15年前に店にいた、幼なじみの少女だとは気づいていない。

一見、クールで傍若無人だが、和菓子や店に対する強い思いがあるがゆえ。母や祖父から、家族としての愛情を受けてきておらず、実はとても孤独。

そのため、愛情表現に関しては不器用な一面も。

 

原作者

自分の漫画人生の中でドラマ化なんてことが起こるなんて信じられなくてずっとふわふわしています。

何があるかわからないものです。

おまけに一視聴者として楽しんできた日テレさんの水曜10時!とても光栄です。

浜辺美波さんと横浜流星くん、そして和菓子に着物と「美しい」しかない世界なのに話はドロドロな愛憎劇・・・

 

そのギャップを楽しみたいです!!

カラーでみられる数々の和菓子にも期待です!!

 

「私たちはどうかしている」 キャスト紹介と役どころ&出演者コメント

 

主演・千葉雄大さんのメッセージ

 

光源氏を演じる日が来るとは思っていなかったので、びっくりしておりますが、雅に取り組んでいきたいと思います。愛される作品を目指してスペクタクルな仕掛けも借りつつ、超ド真面目に演じます。そして、伊藤沙莉さんとの共演とてもうれしいです。

 

 

まとめ

現在のロミオとジュリエットのような感じの愛憎劇になりそうですね。若旦那を殺した犯人は誰なのか。どんどん解明される真実に1分でも目が離せませんね。出てくる和菓子も本格的なものなので和菓子が食べたくなるドラマかもしれません。椿と七桜の恋は?などなど注目してみてください。