ドラマ『セミオトコ』の原作は?あらすじをネタバレ!


 

ドラマ『セミオトコ』が、TV朝日で7月26日スタート、毎週金曜23時15分より放送されます。山田涼介×・岡田惠和氏の完全オリジナルストーリーでタイトル通り7日間の短い間に、蝉から人間の姿になって、お世話になった人間=30代さえない女子に恩返しをするラブストーリーです。

 

気になるあらすじをチェックしましょう。

 

ドラマ『セミオトコ』原作やあらすじは?

 

 

原作はありません。完全オリジナルの作品でひと夏の出会いと別れの物語を描きます。

 

第1話

<第1話あらすじ>

いいことなんてないアラサーの女性の前に突然少しへんてこな、美少年の年下の(セミの)王子様が現れます。

 

「あなたの望みを叶えるから、7日間、一緒にいて良いですか?」といいます。

 

何年もの間、地中で羽化するときを待ち続け、ようやく地上に出ようとしたそのとき、頭上から落下してきた女性の下敷きになりそうになります。落下してきた女性・由香(木南晴美)の機転により、ぺしゃんこの難は逃れます。

 

その彼女の寂しそうな横顔がずっと気になってしまうセミ。「この人を笑顔にしてあげたい」と強く願うと、なんと人間の姿になってしまいました!

 

そんな気になる女性の由香の前に人間として現れ、命を救ってもらったお礼を伝えたセミは、「恩返しに何でもしますから、7日間一緒にいましょう」と持ちかけ、ふたりの奇妙な7日間限定の生活がスタートします。

 

人間界はおろか地上について何も知らない蝉。奇想天外な言動や浮世離れした発想で、由香を驚かせまくります。そんなビハインドをカバーするのは顔立ちのよさ、たいていのことはその輝くような笑顔で解決してしまいます。

 

そして、彼の口癖は「なんて素晴らしい世界なんだ!」。

 

ドラマ『セミオトコ~』」の展開予想・キャストの意気込み

話の展開の予想はテーマ通り蝉の寿命である7日間を人間の姿になったせみが、期間限定の恩返し(弦の恩返し)と恩人との恋愛物語のMIXではないでしょうか。

 

その由香のアパートに住む住民たちも個性豊かで面白そうですね。

 

セミ/山田涼介さんコメント

その台本もとても面白いんです!

 

人と人のつながりの大切さが描かれていて、僕が演じる役には人の心を動かすようなセリフがたくさんあるので、そういうところに共感していただけたらうれしいです。

 

会話劇も面白く展開されていくと思いますので、共演させていただくみなさんと楽しく作り上げていけたらいいな、と思います。

 

人生においてこれまでに「セミの気持ちを理解しよう」なんて思ったこともありませんでしたが、この夏はしっかりと生態なども勉強しなきゃいけないですね!

 

山田 涼介 やまだ りょうすけ

生年月日 1993年5月9日(26歳)

出身地東京都

血液型 B型

身長164.5cm

事務所ジャニーズ事務所

 

岡田惠和のコメント

 

今回、最初から山田涼介さんを勝手に希望して、オリジナル企画を考えました。

面白がってくださり、出演オファーを受けていただけて嬉しかったです。

これは、かなり野心作であると同時に自信作です。

 

思い切り笑って、せつなくて、胸がキュンとして、ほっとして、泣けるけど、悲しい涙ではない。

そんなドラマです。

 

山田さんのセミオトコは、きっと金曜の夜に疲れた心を浄化してくれるでしょう。

 

ドラマ『セミオトコ』~まとめ~

 

『セミオトコ』は、この夏おすすめの、原作なしのコメディ&ラブストーリーです。

 

山田涼介さん主演でこれまで、探偵、エリート警察官、…とさまざまな役柄を演じ分けてきた山田が、今作『セミオトコ』でセミ役に初挑戦! はたしてへんてこな蝉人間を面白おかしく演じてくれるのがとても楽しみで期待が高まります!

 

由香の伝説のヤンキーのお兄さん役を三宅健さんが演じたりジャニーズファン必見です。

7日間の期間限定の恋にキュンキュンしちゃいそうですね。是非お楽しみに。